韓国レポ3 走れ景福宮
5月23日(土) 

17時5分 景福宮


待ち合わせは【17時に景福宮で】というアバウトなものだったのですが、果たしてタクシーを降りた場所に待ち人は見当たらずw 携帯電話で連絡をとりつつ待ち人が待っているという喫茶店までヨロヨロ小走りで駆け抜けます。アジュンマ2人が景福宮を走る、走るww  遂に到着。




17時15分 景福宮の某喫茶店(名前見る余裕もなかった)

e0011707_13272753.jpgここで例のブツの受け渡しが行われたのでした。4月に注文してあったチェンジパートナーの運動靴。はじめは日本に送ってもらうつもりでやり取りしていたのですが、ひょんなことから代表のチョンさんと親しくなり何度もメールをしているうちに、こういう成り行きになりました^^ チョンさんは以前1年ほど日本で暮らしたことがあるそうですが日本語覚える気はなかったみたいです(笑)。

でも、なんとドンムン氏のお姉さまが通訳を買って出てくださいまして無事に贈呈式が執り行なわれたのでした^^ お姉さまは日本に15年も暮らしていらっしゃったそうで、大阪訛りの素晴らしく綺麗な日本語を話されます。「日本が好きで、今でも日本で暮らしたいと思っています」と仰るくらい日本の文化にも精通されています。そのせいなのか、とても日本人的な感性をお持ちの方にお見受けしました。韓国の方という感じがまるでしなかったのが不思議でした。

そして、なんと。チョンさんとお姉さまの素敵な計らいで、イ・ソンギュ氏とチョン・ヘジン氏の結婚式に向かう途中のドンムン氏ご夫妻が立ち寄ってくださいまして、少しお会いすることが出来ました。完全なプライベートということで詳しいレポは省略させていただきますが、俳優というよりもお姉さんと一緒にいる弟っていう雰囲気が微笑ましかったです。完全に弟キャラでした(笑)。お姉さま曰く「韓国の人って【コンジュビョン】や【ワンジャビョン】の人が多いんですが、うちの弟もワンジャビョンです」って仰っていたのに受けました(笑)。

終始私たちに気を遣って楽しいお話をしてくださいましたが、盧武鉉前大統領が亡くなられた当日ということで「小さい頃から(弁護士時代の盧武鉉氏から)ずっと好きだったので、悲しくて朝からずっと泣いていました」と仰っていましたし、ドンムン氏も顔色があまりよくないようで、お2人を見てあらためて韓国の方たちがこの一件で深い悲しみに包まれていることを身近に感じました。盧武鉉前大統領がどういう方だったのか多くは存知上げませんし政治的な難しい問題は別にしても、慕うべきリーダーをなくした悲しみに胸が詰まりました。
e0011707_1338947.jpg
※写真は、ドンムン氏ファンのチビから「もし会えたら、これにサインを貰って来てね」と託された彼女愛用の鏡にサインをしてくださっているところです^^ 相棒がしっかりカメラに収めてくれました。


19時~ 食事の後に居酒屋で祝杯

e0011707_13482672.jpg景福宮から仁寺洞の宿に戻り、ひと息入れて食事に向かいました。映画を観る前に大学路でスンドウプチゲと五穀米。怒涛の1日を締めくくるのにふさわしく優しい味で美味しくいただきました。その後は映画のはじまる時間まで、相棒の行きつけのw大学路のパブ(居酒屋?)で生ビールとトマトサラダwith甘いマヨネーズ(笑)で乾杯♪※写真に写っているのはトマトサラダじゃなくてお通しのスナック


21時30分 大学路CGV 「よく知りもしないのに」鑑賞

e0011707_14252751.jpgいや~、ホン・サンス監督作品ですよ!この私が(笑)。どうも私の感性には合わないんじゃないかという先入観もありずっと敬遠してきました。ここまできたら記録更新を続けてみようと思っていたのですが、相棒が大好きなキム・テウ主演作品ですので禁を破って同行させていただきました。で、内容はやっぱりよく分かりませんでした(笑)。なんだかつかみどころのない映画監督(キム・テウ)のダラダラした日常のようでした^^;でも、21時半から2時間以上もあるのに寝ないで観ていらられたってことは、そんなに退屈な映画じゃないってことかなぁ・・・。ま、たしかに言葉の壁は今まで観た韓国映画で1番感じました。だって、みんな爆笑してるんですよ!キム・ギドクって自国じゃ受けないって聞くけれど、じゃホン・サンスは?って思ったら、これがこんな遅い時間にも関わらず、若いカップルでほぼ満席ですよ。しかも皆さん笑う笑う。なんでそんな笑えるのか、どこがそんなに面白いのか、これは日本語字幕が付いたら是非確認しなくちゃと、笑えないスクリーンを睨みながら強く心に誓いました(笑)。


5月24日(日) 

1時 ホテル到着
 

この時間になるとバスもタクシーも全然捕まらない^^;いくら待っても捕まりそうにないし夜風が冷たくなって来たので、大学路から仁寺洞まで歩いて帰ることにしました。1時くらいにホテルに戻り、相棒が買っておいてくれたチャミスルで濃かった1日に祝杯をあげました(2度目の祝杯w)。寝たのは3時近かったかな^^
[PR]
by mario5846 | 2009-06-03 20:31 | ◆チェ・ドンムン/최덕문
<< 韓国レポ4 エピローグ(たくさ... 韓国レポ2 大学路でサプライズ >>