2010.3 韓国レポ1 PROLOGUE  말해 보자
3月19日(金)~3月22日(月)

3度目の韓国観劇ツアーに行ってまいりました。実は行きと帰りだけは独りぼっち旅でした。連休中なので一緒の航空券が押さえられなかったのですが、そろそろ一人でも行動出来ないといけないなぁと思っていた矢先でもあったし、せっかく韓国語を習っているのだから何とかなるかも・・・。一人と言っても、金曜日夕方金浦着で、月曜日の朝に金浦発の便なので、実質一人で韓国に滞在している時間はたいしたことありませんし^^;土日は相変わらずソウルの達人♥パンダ乙女にくっ付いて金魚のフン状態でした(笑)。ま、今回はウォーミングアップということで。

例によって旅の目的は観光でもショッピングでもグルメでもエステでも当然なく、目的はただひとつ観劇のみ^^訪韓前に受けた韓国語のレッスンで【旅行で役に立ちそうな会話】を習ったのですが、劇場で座りたい席を指定する場合には?とか劇場で自分の席に座ってる人にどいてもらう場合には?・・・なんてことばかり聞くので『ショッピングとか観光とかしないんですか?』って呆れられてしまいました。ええ、それが何か問題でも?ww

ここから先は1日目のレポですが、この日は映画や演劇を観たわけでもなく、何かミラクルな出来事が起こったわけでもなく(笑)、ひたすら私の個人的などうでもいい行動の記録だけですので、御用とお急ぎのない方はお付き合いください^^ 



3月19日(金)  “声に出して話してみよう”カタコト編

羽田発15時35分のアシアナ航空にて18時に金浦空港到着。
預けた荷物がなかなか出て来なくてちょっと手間取りましたが、ここから地下鉄5号線に乗って20個目の西大門駅のレジデンスに向かいます。意外と緊張もなく、あと2駅で西大門というところで・・・。

隣に座っていた若いお母さん。おんぶしている赤ちゃんに何かしてくれと言ってきました!
さて、困った。そんなの会話集に載ってないし・・・。分からないまま、赤ちゃんの帽子を直してみたりするんだけど『そうじゃないわよ、ほらほら◆▽※■してほしいのよ~』って感じで解放してくれる気なさそう^^;仕方ないので『죄송합니다. 저는 일본사람인데요.』と言って勘弁してもらいました。ああ、最初の会話がこれか(涙)。前途多難だなw

次はレジデンスのロビーでチェックインです。予約はパンダ氏がしてくれました。バウチャーを差し出すと『パンダさんですか?』
『아니에요. 저는 마리오입니다. 팬더씨는 나중에 와요. 제가 먼저 왔어요.』あとはなんて言おうかなぁ~と考えていたら、『あ~パンダさんのお友達ですね。こちらにパスポートナンバーとお名前と連絡先電話番号を書いてください』ってすごく流暢な日本語が返ってきて拍子抜け(笑)。次の客へはこれまた流暢な英語で対応。仕事の出来るイケメン兄さんでしたw

部屋に入ると20時少し前。パンダ氏は24時近くにならないと到着しないので、このまま部屋でごろごろ無駄に過ごすのは勿体なさすぎる。今日はギョンギョンが大学路で出演中だし行ってみるか。あ、いや今からじゃ20時開演のお芝居には到底間に合わない。でもせっかくだから地下鉄乗り継いであの憧れの(笑)大学路に行ってみよう~!そして今回の目的地『笑の大学』と『Bオンソ』の両方のお芝居を上演しているアートワンシアターまで行って、受付のお姉さんにギョンギョン宛てのお土産を託して帰って来るという課題を急遽作って自らに課してみました(笑)。

地下鉄5号線・西大門駅から東大門歴史文化公園駅で4号線に乗り換えて恵化駅へ。そこから地図を頼りに劇場まで。幸いというか不幸にもというか道に迷うこともなく『●●● オディエヨ?』という基本中の基本会話を使う場面がなくてちょっぴり残念でした(笑)。

e0011707_9505436.jpg小さい劇場の入り口の脇にこれまた小さな券売所が3つ並んでいました。向かって左から1館、2館、3館。2が目指す『笑の大学』の窓口なのは分かっているのですが完全に閉まっています。右隣の『Bオンソ』(劇団チャイム専用劇場)の窓口には若いお姉さんが2人並んで座っていました。

ということで、そちらに向かって『안녕하세요. 저는 정경호씨 팬인데요. 이 것을 정경호씨 한테 건내 주시겠어요?』とお願いすると『ここはチョンギョンホさんの演劇の受付じゃないんですよ~。隣で言ってみてください』と明るい笑顔で返ってきてしまいました。

『저…아무도 없는거 같은데요?』と恐る恐る言ってみましたが『入場時間に遅れると入れないんですよ』と。うん、それは分かってるんだけど…。『늦었서 못 봤는데 어떻게 해야돼요?』

『そうですね。終わるまで待っててください』つ、つまりここで出待ちしろと・・・。だから、それが出来ないから頼んでるわけよ、お姉さん!(涙)。ま、ここまでで私の目的はほぼ達成出来たので(出来たのか?w)、『네 알겠습니다~』と言って退散いたしました(笑)。

韓国通の方々には何を今更的なことばかりでしょうが、閉所恐怖症で飛行機苦手、方向音痴で知らない場所苦手、おまけに人見知りで小心者で韓国語超初心者の私がひとりで韓国まで来て、こうやって韓国人相手に韓国語を話していること自体が、私にとって奇跡です。これこそミラクルです(笑)。でも、そのおかげで私の韓国語レベルでも少しは通じるということが分かったし、自分で自分を褒めてあげたいって気分でした(笑)。あっ!あくまでも超初心者のなんちゃって韓国語なので、本当にあれで合っていたのかは疑問ですが、なんとか意思の疎通は出来たみたいです^^ 

韓国語のレッスンではいつも先生から『そんな小さな声で自信なさ気に話すと、合ってるのに間違っているように聞こえちゃいますよ。もっと堂々と自信を持ってください』と注意されています。あらかじめ暗記した言葉だけで話そうとすると余計に構えてしまいますが『間違ってもいいや』くらいの開き直りで話した方が意外と通じるものなのかもしれませんね。そういう意味では語学に絶対に向かない性格なのですが(笑)、外国語だからと構えずに相手と会話したいという素直な気持ちが一番大事だということ。頭ではなく実感として分かった夜でした。

あとは一人でご飯を食べにお店に入れれば完璧だったのですが、無理せずコンビニでおにぎりとパンとお茶を買って部屋で食べることにしました^^

e0011707_945929.jpgこの日は『豊年ヴィラ』、翌日は『ロルコ』の放映日です^^ルンルン♪ご飯食べながらTV見るつもりだったのにぃー!なんとtvNは見られないってことが判明(涙)。まさか日本に帰って動画サイトで見ることになるとは^^; 『小さな池』公開のニュースにイ・サンウ先生が映ってたのでパチリ!  特に見たい番組も無かったのでNHKのBS2ch見てましたw

まぁ、そんなわけで。パンダ氏は予定どおり24時ほんの少し前にやって来ました。非常にお疲れの様子でしたが、私の方も慣れない神経をつかって緊張したようで、パンダ氏がシャワーを浴びている間にうっかり寝てしまっておりました。ミアネヨm(__)m まぁ、そんな1日目でございました。
[PR]
by mario5846 | 2010-03-25 20:25 | ◆その他
<< 2010.3 韓国レポ2 大学... 豊年ヴィラ笑撃シーン >>