ソースvs.醤油
私、清水義範が結構好きなんです。
小難しい文章書かないし、ユーモアがあってちょっと毒もあり、そして
面白い雑学がいっぱいで。
それだけじゃないですけど、まぁ、そんなところが私好みなんです。
「国語入試問題必勝法」とか「永遠のジャック&ベティ」あたりは特に
お気に入りです。

今読んでいるのが「ザ・勝負」という小説なんですが、これがなかなか
面白いんですよ。もう、いろいろなものを勝負させてしまいます(笑)
e0011707_22183981.gif始皇帝 vs.アレキサンダー大王
ゾロアスター教 vs.ジャイナ教
ソース vs.醤油

まだ、ここまでしか読んでないんですけど^^;
他にもシンデレラ vs.白雪姫とか、長嶋茂雄 vs.王貞治とか、
嫁 vs.姑…などなど。全部で10対決が収められています。



で、「ソース vs.醤油」なわけです。
個人的に、この勝負に関しては結構こだわりを強くもっている人間だと
常々思っていたんです。
世の中にソースというものが無くなっても、基本的に困らないと断言でき
るくらいの醤油派の私ですから(笑)

え~~!コロッケやとんかつにも醤油なの!?

と、驚くなかれ。それは基本ですから(笑)

勿論子供の頃、我家にだって「ソース」は存在しました。
でも、それは冷蔵庫の隅に押しやられ、忘れられ、たまの来客のある時
にしか活躍の場を与えられませんでした。
しかも、賞味期限以内に使い切られることがない哀しい存在です(笑)
そう、我家は全員「醤油派」だったんです。

こんな思い出があります。
小学6年生の時。林間学校の宿泊先で夕飯にスコッチエッグが出ました。
みんなが、テーブルに1つしかないソースの順番待ちしている中、誰も手
を出さない醤油に悠々と手を伸ばす私を見て、友だちがいっせいに非難
の声をあげました。

いくら待ちきれないからって、醤油なんてかけないでよ!

それは、生まれてはじめて受けたカルチャー・ショックといっていいかも
しれません。

フライに醤油をかけることは、そんなに邪道に見られるものなのか!?

この小説では、醤油派の女子大生とソース派の男子大生、それに農学部の
教授を交えて、それぞれの起源などの薀蓄を絡めつつ勝負していくわけです
が、その醤油派の彼女でもをかけたくないと言った「カレー」にも、私なら迷わ
ずかけることができます。勿論、どうしてもどちらかをかけなくてはいけない
場合ですが。なかなか筋金入りの醤油派のようです、私(笑)

味覚というのは、なかなか奥が深くて面白い問題ですよね。
[PR]
by mario5846 | 2006-03-06 22:48 | ◆その他
<< スンボム来日続報 しゃ、写真集~~!? >>