暇つぶしに見ても面白いDB
気づけば10日も放置してしまいました。
別に避暑に出かけていたわけではないのです。毎日仕事です^^;
何処にも出かけない我が家は頂くばかっりの旅のお土産に恐縮しきりです。
ことに今年は海外旅行へ出かける友人・知人が例年以上に多くて、世界各国から集まるお土産で、ちょっとした万博会場のごとき様子を呈しております^^ほんとうに、ありがとうございます。
コノ場を利用して、ひと言お礼を申し上げます。

で、すっかりグータラ・モードでして、シネコリ1日目を観に出かけた以外は家でおとなしくダラダラ過ごしております。今は体力温存で、来月から本格的に韓流テンションを上げていきたいと思っています。まずは来月7日の「拍手」@ジンさま舞台挨拶に照準を合わせています(何の?笑)。

そのシネフェスが昨日からはじまりましたが、初日からシネマート六本木名物と化した痛いミスを連発しているようです(笑)。思い出すのも癪なので、ここでは敢えて書きませんが、シネフェスを予定されている皆さま、何が起きても驚かない心の準備をしてお出かけくださいね。いや、むしろ楽しむくらいの覚悟で参加いたしましょう。エイエイオーーーーーッ!!(笑)。

そんなわけで、特にネタもないのですが(笑)、先日の記事の中で書いた「日本の俳優に関する韓国のDB」についてお問い合わせがあったので、ちょっとご紹介してみます。
既にご存知の方がいらっしゃったら、すみません。





TV.co.kr

◆테라지마 스스무(寺島進) ◆

◆키타무라 카즈키(北村一輝)◆

◆류승범(リュ・スンボム)◆

◆신하균(シン・ハギュン)◆

◆정재영(チョン・ジェヨン)◆

↑に、私のご贔屓の日韓の俳優を例としてあげてみました。
まず『ひと言Review』の数が比較するまでもなく日本の俳優の方が多いです。これは、他の俳優でみても圧倒的に日本の俳優の方が多いので、日本のドラマ(映画)ファン対象のDBなのでしょうかね(実際のところは、どうなんでしょうか)。

このフィルモグラフィー。アニキと一輝は元々数も多いので、取りこぼしがあるのは致し方ないとして、むしろここまでよくぞ調べてくれたと驚きましたが、スンボム、ハギュ、ジェヨンのファンならお気づきだと思いますが、結構抜けている作品があるじゃないですか(笑)。

アニキは「マジック・アワー」は無いものの、同じく来年公開予定の「歩いても歩いても」の予定はちゃんと載っています。
一方、年内公開予定のスンボムの「ラジオ・デイズ」やハギュの「ザ・ゲーム」は載っていないんですよ。ジェヨンの「神機箭」「公共の敵1-1」も当然載っていません。まさか、韓国映画は直前まで何があるか分からないとう法則が発令されているためなんでしょうか^^;

更に驚くべきことに、脇役の網羅度も半端じゃないです。
日本の公式サイト見たって、こんなに整理されているところはないんじゃないでしょうか。
個人的に一番嬉しかったのは、1998年のドラマ「奇跡の人」
山崎まさよし、北村一輝、寺島進という、私のお気に入り3人が揃って出演している、まさに「奇跡のドラマ」なのです。主演の山崎くんは勿論、寺島さんや一輝もこのドラマではじめて知ることとe0011707_2041695.jpgなりました。山崎くんは主演だから当然として、オカマの大崎ちゃん(一輝)や意地が悪そうな刑事(アニキ)の写真付きで資料として整理されていることに感激しました(笑)。


オマケ
◆さて、誰でしょう(笑)◆
『ひと言Review』には、いろいろな情報が隠れていたりするのです。私が知らなかっただけかもしれませんが、この方の息子さんもジャニーズの一員なんですって。へーへーへー(笑)。

翻訳する手間はかかりますが読み物としても、なかなか面白いです^^
[PR]
by mario5846 | 2007-08-26 21:45 | ◆俳優
<< 正しく生きよう 新作ZOKUZOKU >>