「知的韓流のススメ」シネマート塾韓国映画娯楽講座(その1)
韓流シネマフェスティバル2008は観たい作品と日程が合わず、ずるずるこのまま終わりを迎えてしまいそうなのですが、同じシネマート六本木で古家正亨氏による「知的韓流のススメ」シネマート塾韓国映画娯楽講座があるっていうので、前回はちょっと用事と重なってしまい、その前の「K-POP × K-MOVIE ガイド」以来実に1年以上振り(昨年の9月以来)に、昨日古家節の名人会へ行って参りました(笑)。会場に1時間少し前に着くと、古家さんが向こうから大きなバッグを肩にひとりで歩いて来られました。心の中でアワアワ慌てふためきながら静かに見送りましたが(笑)。


2部構成で、1部はスクリーンに次々映しだされる10人の韓流スターにまつわる面白いエピソードを3分間枠で喋り通しました。

2部は古家さんのお好きなMVを2本上映してお話を伺い、最後は当日観客から集めた質問事項に古家さんが答えるという流れでした。

ということで1部のみレポってみたいと思います。
今回は全て古家さん目線で、しかも完全意訳です(笑)。大体、こんなことをお話されていたということで、こういう言い回しをしたわけでは決してないことを最初にお断りしておきます。むしろこんな雑な喋り方ではないです。本来は非常に丁寧な話し方をされますので、その辺もご了承ください。あくまでも私の記憶に残っているお話を私流にアレンジしております。

ちょっと長くなってしまいましたので2つに分けてみました。
まずは、その1から・・・




イ・ビョンホン
e0011707_1421534.jpg初対面はビョンホン氏最初のファンミ(渋公)のとき。急遽アクシデント発生でスタッフがいなくなり2人きりになってしまった。ビョンホン氏は僕のことを全く知らない状態。と、彼の携帯に電話が。「ヨボセヨ」の後ぎゃははははwwwと笑い転げるビョンホン氏。携帯の声って何気によく聞こえるもんで、しかも僕って韓国語が分かっちゃうわけで。電話の相手は間違いなく女性。電話を切った後、韓国語で「今の電話の会話の意味分からなかったよね?」と聞いてきた。思わず「ネェ」と答えてしまった僕。困惑顔のビョンさま・・・大丈夫!どんな会話だったのかは決して口外いたしませんwwww
   
クォン・サンウ
e0011707_14328.jpg先日、結婚後初のファンミが開かれまして、僕がMCで。ファンの間ではこの結婚について賛否両論。勿論「結婚おめでとう」というファンもいれば、いろんな男性と浮名をながすような女性との結婚でおもしろくないと思っているファンもいる。当然サンウ側もそれは承知済みで、かなり神経質になっていた。ファンミには事前に選らばれたファ ン代表の数名をステージに上げるという趣向があった。事前の打ち合わせでは「結婚に関する内容はNGにしてあります」という説明だった。まぁ、それも仕方ないのかなと思った。で、ステージ裏。いざ登壇という時に「みなさん結婚に関する話について聞いていますよね?」と確認すると「え?なんですか?」。おいおい!聞いてないのかよ!?・・・果たして、ステージ上では全員が「結婚おめでとうございます」とサンウへお祝いの言葉を述べて、かなり気まずいムードが流れたww
   
イ・ドンゴン
e0011707_145065.jpg

(うろ覚えのため、レポをパス!)




チャ・テヒョンe0011707_1473160.jpg   
ファンミに行くと分かるが、他の韓流スターと比べて彼のファン層は比較的年齢が高い。彼自身もそれを分かっていて「来日するたびに年齢が高くなっている気がする」とギャグにしている。しかも「年々減っているし」と、どこまでも自虐ネタを正面から口にする司会者泣かせ(笑)。猟奇的な彼女」以降作品に恵まれないのが残念だが、それは本人もよく分かっているようだ。僕の大好きなハ・ジウォンと共演した「パボ」もこけちゃったし・・・。だけど、いつまでも少年のような魅力に溢れた楽しい人だ。

チ・ジニe0011707_1482264.jpg      
僕のお気に入り俳優ベスト3のひとり。俳優になる前は広告代理店に勤務していてサラリーマン経験があるせいか、非常に周りに気配りのできる素晴らしい人。彼はマジンガーZの大ファンとしても有名で、以前来日時に作者の永井豪氏を訪ねた。永井氏の奥様は意外にも韓流ファンで「チャングム」のチ・ジニのファンだそう(笑)。で、韓国には「ロボットテッコンV」というアニメがあって、ぶっちゃけ見た目も(主題歌まで)そっくりなんだけどwww実は永井氏は「ロボットテッコンV」が気に入っていないらしい(笑)。そんな中、永井邸訪問のためにマジンガーZマニアのチ・ジニ氏が自慢のコレクションを永井氏に見せようという計画があった。が・・・実はそれはマジンガーZではなくロボットテッコンVだということが直前に判明・・・。
急遽その企画は流れたww

チョ・インソンe0011707_149205.jpg
チ・ジニ氏と並んでお気に入り俳優ベスト3のひとり。インソンくん、ああ見えて、そんなに積極的にお喋りをするタイプじゃなく、気を許すまでは控えめで口数も少ない。そんな彼と、ひょんなことから当時恋愛で悩んでいた僕の悩みを相談してしまい、お互いの恋愛論で大いに盛り上がった。年下にも関わらず、彼の名アドバイスの数々が心に沁みた。「告白は言葉でするものじゃない。僕だったら目でするよ」・・・まるでドラマの中のようなキザな台詞が次から次と・・・。ああ、でも僕は君と違って目がちっこいんだよ、インソンくん。俳優としてよりも人間として好きだ

パク・ヨンハe0011707_14101128.jpg


(イ・ドンゴンと同じ理由でパス)
[PR]
by mario5846 | 2008-11-16 19:14 | ◆その他
<< 「知的韓流のススメ」シネマー... 週末はドラマ三昧 >>