<   2005年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧
FCの機能その1
e0011707_173321.gif
なるほど。これがFCに入っているメリットなのかぁ。わざわざ番組放送のお知らせがきた(笑)しかもちゃんと当日に念押しのPR。なのでTV見逃してばかりの私でもちゃんと見ることができた。友だちから「恋するハニカミに出てるよ!」って連絡がきたけど珍しく余裕で「知ってるよ~」って返事する。

で、ユン・ソナファンのみなさん!(みなさん?・笑)
すみませんね、うちの一輝がお相手で。あんなことや、こんなことをしちゃいました。おまけにしつこく次週につづく(笑)でも、ご心配なく。ああ見えても小学5年生の男の子のパパですから。あぁ、これは私信なのか?(笑)
[PR]
by mario5846 | 2005-07-30 01:20 | ◆俳優
打合せ
来週からの本格復帰に向けて、午後から「ちょっと打合せに来て」と言われて出かけてきた。「ちょっと打合せ」がまさか5時間だとは思わず、お昼抜きで出かけてしまいお腹ペコペコ^^;

私の上司になるという年齢不詳のお兄さん(笑)が「とりあえず、どんな音楽が好きなのか傾向を教えておいて」と言うので恐る恐る答えると「ふ~ん、音楽をちゃんとやってる人間が好きみたいだね」と言う。それはとりあえず合格なのか?(ホッ・笑)

「俺はね、仕事以外だったらロック。それもヘビーなのしか聴かない。あ、ちなみにヘビースモーカーで、体重もヘビー級だから」(ここで笑えと催促されてるのか?^^;)後学のために、どんなのが「ちゃんと音楽をやっていないアーティスト」なのか尋ねてみると…ORとかOAの名前を例にあげて説明された。意外と説得力あるじゃない、上司(笑)

久々の音楽の世界は結構新鮮だ。何しろ、あの頃には「K-POP」なんて存在しなかったしねぇ。面白いなと思ったのは、K-POPのアーティストはレコードメーカーの都合で、洋楽扱いになったり邦楽扱いになったりすること。例えば、シン・スンフンは邦楽で、ピは洋楽。ただしピの「 I do」は日本語ヴァージョンは邦楽扱いとか。これによって洋楽チャートや邦楽チャートに微妙な違いが生じるわけだけど、どんな理由があって分けているのかはそれぞれレコード会社の大人の事情による(笑)

などなど諸々「打合せ」をして帰ってきた。おいおい覚えるからお手柔らかに、ヘビメタ上司♪あ~~~、チカレタビ~(古っ!)e0011707_2232021.gif
[PR]
by mario5846 | 2005-07-28 22:42 | ◆その他
『南極日誌』ジャパンプレミア試写会
e0011707_1855223.jpg
いや~!どうしましょ、どうしょましょ~!(オロオロ)生ソン・ガンホですと!?生ユ・ジテですと!?しかも8月11日っていったらもうすぐじゃない!?(ドキドキ)すっかり当たった気になっている^^;
南極日誌公式サイト
[PR]
by mario5846 | 2005-07-27 19:04 | ◆映画
「8月のクリスマス」期間限定サイトOPEN
e0011707_15325877.jpg
8月24日リリースの山崎まさよし「8月のクリスマス」主題歌の試聴ができる期間限定サイトがOPENした。

「全部、君だった。」以降のシングルはDVD付き初回盤と通常盤の2パターン商法できているが、何故か全部通常盤のジャケットの方がどうみてもいい。すっごくズルイ気がしてしょうがない(笑)今回またその思いを強くした。ファンは大切にしましょう~。

主題歌よりも気になるのは、同時リリースされるOSTの方だ。
今まで何曲か映画音楽を手がけているが、OSTとしてリリースされるのはこれがはじめてだ。さすが10周年記念!「居酒屋 Jazz」とか「告白のボレロ」だとかタイトル見てるだけでもそわそわ♪

さらに10周年記念として初のベスト盤2タイトルを9月21日同時リリース。
シングル集「BLUE PERIOD」と未発表曲を含むカップリング&レアトラック集「OUT OF THE BLUE」カップリングの方に名曲が多いという定説(?)は山崎も例外ではない。

まだまだ続く10周年記念特集。
「このまま 山崎まさよし」が角川書店より完全語り下ろしで8月22日に発売。インタビューはあの森田恭子氏だと思うので、かなり正直な自分をさらけ出した衝撃の1冊になっている可能性高し。伏字だらけだったら承知しないぞ(笑)
[PR]
by mario5846 | 2005-07-26 16:06 | ◆映画
社会復帰します^^;
去年の暮に仕事を辞めて療養に専念してきました。一時は鬱病になりそうになるほど辛い毎日でしたが、その間に韓国映画の魅力を知ることになり、時間が自由になることを幸いに最近は毎日が充実していました。もう二度とこんな素敵な自由は手に入らないかもしれないと思うと、ちょっと残念でもあります(笑)こんな他愛も無い独り言ブログに遊びに来てくださる方もできて本当に感謝しています。

お陰さまで、ようやく普通の暮しが出来るようになってきたので、そろそろ遊んでばかりもいられないと思っていた矢先、昔の会社の仲間から仕事の誘いがありました。正直あまりに長く家に閉じこもっていたので不安もありますが、やっと社会に復帰できる喜びも大きいです。
これからは、のんびりペースになると思いますが今まで同様遊びに来てくださると嬉しいです。よろしくお願いいたしますm(__)m
[PR]
by mario5846 | 2005-07-25 23:04 | ◆その他
あ…

e0011707_17393159.jpg
今月は、チャンネルNECOで山下敦弘監督特集やってたんだぁ。今頃気がついた。って、もうそろそろ今月終わっちゃう^^;だめだなぁ。少しはTV見なくちゃ。
「ばかのハコ船」見逃しちゃった。
とりあえず間に合うのが…

「リアリズムの宿」コメンタリー版
7/29 21:00~
※監督と脚本の向井康介氏が撮影当時のエピソードを語る副音声付き

「リアリズムの宿」のあとがき
7/29 22:45~

「リンダリンダリンダ」と山下敦弘の世界
7/29 22:55~

「どんてん生活」
7/31 26:40~
[PR]
by mario5846 | 2005-07-24 17:40 | ◆映画
いのししのCM…
e0011707_19595358.jpg参考にされたいのししが出てくる日本のCMって何だろう…?いのししのシーンといってすぐ思い浮かぶのは「スゥイングガールズ」なんだけど(笑)こういうときテレビっ子じゃない自分を恨めしく思う^^;坂下千里子のアサヒ十六茶のCMがそれっぽい気がするんだけど、CMの動画見れなくなってて残念。
WOW!Koreae0011707_206564.jpg
[PR]
by mario5846 | 2005-07-23 20:08 | ◆映画
パク・チャヌク監督と日本のアニメ
e0011707_14451264.jpgパク・チャヌク監督の次回作が日本のアニメだそうで、ただ今脚本執筆中だとか。え、ほんとに~?アニメには全く疎いので「最終兵器彼女」なんて作品があるなんてことも知らなかった^^;で、その次が吸血鬼のお話だそうで。相変わらず精力的なパク・チャヌク監督。
STAR NEWS


      最終兵器彼女 アニメ公式サイトe0011707_1451983.jpg
[PR]
by mario5846 | 2005-07-23 15:07 | ◆映画
リンダリンダリンダ特別先行上映会
e0011707_1454131.jpg
(正式タイトル)シネソゾン渋谷20周年記念イベントVol.2に行って来た。5列目くらいのセンター位置をキープ。映画だけならもっと後ろがいいけど、ドゥナちゃん見たいからね(笑)

山下監督の作品は「リアリズムの宿」だけは観ていたので、もっとドキュメンタリー風というか、独特のテンポの映画になるかと思っていたら、これが案外普通(悪い意味ではなく)なのが意外だった。そういえば、監督と脚本の向井康介氏が雑誌のインタビュー記事で語っていた「今まではあまりお客が入らなくてもいいと思っていたんです。でも、今回は初めていろんな人に観てもらいたいと思ったことでスイッチが変ったし、多少ベタなことも入れてみて見えたこともあった」を思い出し納得。なので、既存の山下敦弘監督のファンがどう感じるのかが非常に興味深いなとも思った。
これは現役高校生諸君たちから見てもリアルで面白いんだろうなと思うが、私のように大分くたびれた大人から観ても懐かしさにどっぷり浸れてしまう。やはり山下監督ならではの、リアルな高校生活がそこにはある。等身大の高校生たちに、それぞれの自分を自然に重ね合わせてしまって「うん、うん、そうだね」って共感できて、そこに韓国人留学生というぺ・ドゥナが無理なく存在してしまう。観終わった後、高校時代の友だちがきっと懐かしくなる。卒業アルバムを引っ張り出して見たくなった。

さて、本編終了。ここから出演者の山崎優子(主演ではないがいい味出してます)率いるバンドme-ismのアコースティックライブが始まった。なんとパーランマウムのライブではない!^^;(でも、これはこれで良かった♪)ライブが始まると同時に出演者たちが入ってきて、空いてる席に座り始め一緒に鑑賞。なんと、ドゥナちゃんは私のかなり近くの席に(嬉!)ライブが終わると、主演の一人である関根詩織ちゃんのバンドのPVとドゥナちゃん編集による貴重なメイキング映像鑑賞。

そして、いよいよトークショーへ。壇上には山下監督、ぺ・ドゥナ(with通訳の根本理恵さん)、前田亜希、関根詩織、山崎優子が。一番印象に残ったトークとしては、編集がうまいというドゥナに対して「将来は監督とかもやりたいんじゃの?」という山下監督からの質問に「私が?」とキョトンとした後に「何か発言したいことがある人が監督になるんだと思います。私には発言したいことがありません。でも、何か発言したいと思う人のために表現をする人間でいたいと思います」みたいなことを言っていた。で、これがドゥナのスタイルなのか根本理恵さんのスタイルなのか知らないが、ドゥナは質問に対して一気にかなり長く話すので(途中全く切らずに)その横で必死にペンを走らせる根本さん。そして、おそらく要約ではなく全て完全に訳していると思われるので、あれは速記してるんだろうか?と驚いてしまった。あとは、ドゥナが隣にいる前田亜希に何度も耳打ちしていたのは、韓国語?日本語?などといろいろ余計なことが気になった(笑)生ドゥナの第一印象は「デカイ!」(笑)愛想笑いとかしないけど、質問には対しては曖昧な言い方をせずにきちんと丁寧に答えるところがかっこいい。

で、肝心の「リンダリンダリンダ」の呪縛からは完全に解放されなかった。エンディングの「終わらない歌」で思いっきり救われたぁ。なんか大声で合唱したい気分だった(笑)全部終わったのが23時をまわってしまい家に帰り着いたのは翌日になってた。バンタンキュー!

★「リンダリンダリンダ」メイキングスペシャル放送 MUSIC ON!TV
[PR]
by mario5846 | 2005-07-22 15:32 | ◆映画
祝!佐々木蔵之介 初主演!(W主演だけど)
e0011707_10552320.jpg脚本、監督が森田芳光による、江國香織の小説「間宮兄弟」が映画化されるそうだ。で、ご存知だろうか佐々木蔵之介。飄々としていながら、情けない奴から怖い男まで変幻自在に魅せてくれるいい俳優だ。このところ、あっちこっちで見かけるようになり嬉しいなと思っていたら、映画で主演を射止めた(バンザイ)ドランクドラゴンの塚地くんとW主演だそうで来年初夏公開予定。
サンスポ
e0011707_11161848.jpg
[PR]
by mario5846 | 2005-07-21 11:12 | ◆俳優