<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
消しゴム・・・またまたリメイク!
e0011707_1603117.jpgクレヨンで十分に楽しませてもらったばかりですが、消しゴムネタは今だに勢い衰えないんですねぇ。そういえばTBSでまた「冬ソナ」が始まったようですし、結局のところ韓流は「冬ソナ」と「消しゴム」に象徴されつつあるのですね・・・。そうそう、先日一輝がテレビで「冬ソナ」見たそうで「・・・続きが見たい」と気になったそうです(笑)恐るべし「冬ソナ」

で、「消しゴム」が今度は深キョン&ミッチーの「お姫さま&王子さま」コンビで、日テレ「火曜ドラマゴールド」(火曜・後9時)の単発ドラマで復活です(笑)

え~~!ミッチーの大工さん!? そりゃぁ、見たいかも!と思ったら・・・

設定も微妙に変化。これまでの2作は、2人が社長令嬢と大工という関係から夫婦になったが、今回は美術学校の生徒と画家。ミッチー演じる画家が書店のシャッターに描いた絵を、深キョン演じる生徒が気に入るところから2人の関係が始まる。

e0011707_16225100.jpgやっぱりミッチーの大工さんはダメですか(笑)
美術学校の生徒と画家って・・・。ますます王子さまとお姫さまの匂いがプンプンしてきますけど^^;
華麗なファンションで目を楽しませてくれるんでしょうか?え?ちょっとそれじゃ「富豪刑事」と変わらない?(笑)

何度も言いますが原作ドラマ「Pure Soul~君が僕を忘れても~」ファンの私としてはお腹いっぱいだし、まして「消しゴム」のリメイクなんて全然興味ないんですけど・・・


いえ、深キョン&ミッチーのリメイクならちょっと興味ありです(笑)
[PR]
by mario5846 | 2007-01-30 16:07 | ◆ドラマ
予告トレーラーでは分からなかった面白さ(追記:舞台挨拶★動画)
今年2本目のスクリーン鑑賞にして今年初の俳優鑑賞(舞台挨拶)に行って参りました。

生北村一輝ですよん!!生三池崇史ですよん!!生岸谷五朗ですよん!!
そう!「龍が如く 劇場版」の舞台挨拶付き試写会に誘っていただきまして、
イイノホールへ行って参りました。

いや~ん、大盛況。一体どのくらい試写会プレゼント募集かけたんだかしりませんが、
立ち見まで出る盛況ぶりでした。
そうそう、関係者席の一番前に三池組でお馴染みの加藤雅也氏も来てました。
至近距離で拝見しましたが、やはり一般ピープルとは全然違いますね。
客席のみなさん一斉に熱視線を投げかけていましたけど、お目当ては誰?(笑)

で、私の推測ではあの会場を埋め尽くした新旧乙女たちのお目当ては、
主演の北村一輝と韓流☆コン・ユのファンに大別出来るんじゃないかと思いますが、
なんとなく雰囲気でどっちのファンか分かるのが面白いものですね(笑)

私の席はセンターブロックの前の方でしたが、同じ列の方々たちは幸いにも北村ファン
のようでした。開演前に隣の乙女たちの会話が漏れ聞こえてきたところによると・・・
(配られたプレスを見ながら)「この人(前後の会話からコン・ユのことのようです)も舞台
挨拶に来るのかしら?さっきいたグループが、横断幕を広げるとか話をしてて、♡形の
団扇を持っていたんだけど・・・あれって、何なんだろうね(笑)」

私は慌てて「ご存知なくて当然かもしれませんが、それは韓国からわざわざいらしてくだ
さったスターをお迎えするための大切な儀式なのですよ。最高のオモテナシなのです」
って、心の中でご説明申し上げておきました^^;

ほどなく開演。舞台上には(右から)エグゼクティブプロデューサーの名越稔洋氏、
三池崇史監督、コン・ユ、北村一輝、岸谷五朗、サエコ、塩谷瞬がずらりと並びました。
コン・ユは主演の一輝よりも誰よりもひと際背が高くて足が長いのが一目瞭然です。
一輝がかなりちびっ子に見えましたもん。正直、スタイルはさすがだな!と思いました。
ですが、一輝の美しさと言ったらそりゃぁ眩しかったですよ。生の方が数段カッコいい。
岸谷さんも独特のオーラと茶目っ気で舞台をピシッと締めてくれていました。

が、横断幕に団扇の軍団の黄色い声援はこれが日本映画だということも、主演が誰
かということも全く眼中にない騒ぎっぷりでした(笑)これには主演の2人も苦笑い。
監督が「いつもと勝手が違うのでおぢさんは戸惑ってしまうが、そのくらいのテンション
で見てください」と大人の対応をされていました(笑)

ハイテンションで大興奮されるのはまだ良いのですが、「写真撮影禁止」のアナウンスが
何度繰り返されようと全く動じずにカメラを向けつづけていたのは非常に痛い光景でした。
誰の目からもコン・ユのファンだと分かる状況下では慎んだ方が大好きな俳優のため
でもあると思いますよ。少なくともコン・ユ以外の俳優ファンに良い印象を与えなかったの
は確かですから。ていうか、もうネット上ではかなり顰蹙の嵐ですよ^^;
そんなところから韓流ファン全体が叩かれてしまうのです。ほんと、無邪気って怖いな。

e0011707_3354592.jpgと、胸のつかえを吐いたところで。
舞台挨拶はフォトセッションも含めておよそ30分。
「見どころはどこですか?」の質問に岸谷五朗が横分け と答えたところが一番印象に残っています(笑)ちなみに、本日のヘアースタイルはセンター分けでややロン毛でした。

で、本編ですが・・・
[PR]
by mario5846 | 2007-01-30 03:29 | ◆映画
私の頭の中のクレヨン
1月スタートドラマも3週目に入り、そろそろリタイアするものが出てきたり、
これは!と期待できるものがハッキリ出揃った頃でしょうか。(あ、日ドラです)

私、昨年もご贔屓さんたちのドラマがたくさんあったにも関わらず、
第1話から見逃して放棄してしまったり(見る気がないとも言う)、
最終話だけ見ないままになっているものありで(推理モノですよ)
結局まともにちゃんと見た日本のドラマがありませんでした^^;

今年は気分一新ちゃんと見ようと、
まずは寺島さん目当てで「ヒミツの花園」に挑戦中です。

CXの番組紹介より:
主人公の月山夏世(釈由美子)は、入社以来5年間雑誌編集の仕事に携わるが、
要領が悪く不器用な上、天然なところがあり、すぐ人を信用していつも損をしている。
担当していた女性ファッション誌が休刊となり行き場を失ったが、おりしも人手を
ほしがっていた少女漫画編集部にもらわれていく。畑違いの職場で命じられたのは、
超人気漫画家“花園ゆり子”の担当編集。超豪華マンションに住むその漫画家に
会いに行った夏世は、衝撃の事実を知る。世に“花園ゆり子”の名で作品を発表して
いる人物の正体は、なんとも風変わりな四人兄弟だった?!!
 四人兄弟に振り回されながらも、夏世はいつしか兄弟それぞれが抱える悩みに
気付き、内面に深く関わって行くことに。

って、お話なんですが。

実は第1話を見た率直な感想は、寺島さんが出ていなきゃ絶対に見ないね、こりゃ
・・・でした(笑)少女漫画の世界にも、主人公の釈由美子にもいまいち嵌れない。
e0011707_1954323.jpgというよりも、ドラマの中で繰り返し言われるように「感性が干からびてしまったオバサン」には、ちょっとついていけないかもしれないなという雰囲気でして。現にチビの友だちの間では大変盛り上がってるそうです(笑)こんな寺島さんが見れるのが大いに魅力ではありますが、さて、どこまで引っ張れるか・・・。


ところが、第2話で四兄弟のキャラがしっかり定着しだすと俄然面白くなってまいりました。
花園ゆり子を構成する4人とは・・・
◆長男 航(わたる) 
堺雅人・・・背景担当//一見誠実そうだが何を考えているか分からないクールな一面も
◆次男 修(おさむ) 
池田鉄洋・・・全体のネームと人物担当//物凄いオタクで、おまけにすぐに切れる。好きな女性には一途で意外と純情
◆三男 智(さとし) 
要潤・・・みんなをまとめるマネージャー兼雑務担当//やたら横柄、そのうえ女性関係も盛んな様子。それもこれも仕事のためか?
◆四男 陽(ひなた) 
本郷奏多・・・ストーリー担当// 世の中すべてお見通しといった落ち着き払った態度で生意気な少年
e0011707_198298.jpg


そして、昨日は第3話
[PR]
by mario5846 | 2007-01-24 20:08 | ◆アニキ♥/寺島進
美少女と元美少女(?)
チャン・ジン作品「息子」のキャスティング続報。

e0011707_1410291.jpgそっち(どっち?)方面は疎いのですが、名前だけは存じ上げておりました。
美少女モデル ウリ(우리)が、ドクファンくんの学校の友だちとしてスクリーンデビューを飾るとかで大々的に記事があがっていました。

今年16歳になる彼女は、12歳からモデル活動をしながら演技者デビューする時期を用意周到に見極めていたようですが、どうやら主演デビューではなくチャン・ジン作品というブランドに賭けての出演のようですね。
一説によると、この役は当初「日本の女優」がキャスティングが内定されていたらしく、それは一体誰だったかの方に関心のある私です(笑)
いや~、日本の俳優にチャン・ジン監督作品に出て欲しかったなぁ。残念っ!!

e0011707_14115744.jpgで、ウリちゃんよりもひっそりと、こちらのキャスティング情報も出ていました。チャ・スンウォンの痴呆の母親にキム・ジヨン。現在「麻婆島2」でもいい味出しているようですが、ARAHANの般若先生~!楽しみです。
[PR]
by mario5846 | 2007-01-23 14:22 | ◆チャン・ジン/장진
ジャズピアニスト復活!
e0011707_19463149.jpg思わずラジオ番組で「せっかくダイエットして14キロも落としたのに3キロ戻してしまったぜ」と愚痴ったせいかどうか、ようやく投資問題の目途もついてジャズピアニスト役の「永遠な夫」のクランクインの日程が出たようです(2月26日)

ピアノの基礎レッスンを終えたスンボムは、作品用に作曲された劇中曲のレッスンに入る予定だそうです。スンボムのメロというだけで興奮なのに、代役をたてずにピアノ演奏をするというので楽しみが膨らみます。
クランクインが決定したとはいえ公開されるまで気が抜けない状況の昨今ですが、楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by mario5846 | 2007-01-22 19:49 | ◆リュ・スンボム/류승범
ゾンビ映画、見どころは主演か?カメオの大物監督か?
e0011707_14172718.jpgカメオ出演の「出会いの広場」以外、主演作品の撮影が難航中のスンボムですが、やっとイム・ピルソン監督作品「素敵な新世界」が5月の環境映画祭で上映を予定されているという情報が出ました。

生ごみの無分別な排出によってウイルスに汚染した食べ物をまた人間が食べながらゾンビに変わっていき、結局人類が滅亡するかも知れないというメッセージを盛ったコミックホラー・・・という作品なんだそうですけど(笑)

e0011707_14192614.jpgこの作品に「グエムル」にイム・ピルソン監督がカメオ出演したこへの返礼という意味で、ポン・ジュノ監督が環境活動家としてカメオ出演するそうです。
どちらの監督も味のある俳優として十分やっていけそうな実力の持ち主ですので(笑)これは、ますます楽しみになってきました。
いえいえ、そんな余裕はありませんでした。私の愛する主演俳優が食われてしまうのではないかと、ドキドキすらしてきました(笑)

この勢いで、ジャズピアニストの方の撮影も再開されるといいな。ていうか、ぶっちゃけゾンビ映画よりも気になるし^^
[PR]
by mario5846 | 2007-01-19 14:32 | ◆リュ・スンボム/류승범
またしてもジョンファ姐さんとですか?
新ご贔屓さんの新作のようです。ちょっと働きすぎですか?(笑)

既にイ・ドンゴンとハン・チェヨンがキャスティングされている
「今愛する人と住んでいますか」(チョン・ユンス監督)今秋公開予定。

「ベサメムーチョ」「僕の、世界の中心は君だ」のチョン・ユンス監督じゃなくて
「イエスタディ 沈黙の刻印」の方のチョン・ユンス監督(ああ、ややこしい^^;)


e0011707_244240.jpgオム・ジョンファとパク・ヨンウはインコ夫婦(韓国でオシドリ夫婦の意味だそうです)

イ・ドンゴンとハン・チェヨンは富裕な生活を営むがお互いの秘密をわざわざ目をつぶる新世代夫婦。
e0011707_251688.jpg





この2組の夫婦がソウルと香港でそれぞれ偶然に会って火のようなひと晩を経験
した後、結婚と貞節の真実意味に対してもう一度悩むようになるという映画なんだ
そうで、ニュース記事には
『オム・ジョンファ-ハン・チェヨン、破格的な ”スワッピング行為”』
なんて衝撃的なタイトルがついていました(笑)


「ホロヴィッツのために」で幸せな夫婦になったオム・ジョンファとパク・ヨンウなのに、
今度は波風がたってしまうのですね。
というか、この2人じゃなくてもよかったんじゃないかと思うんですが・・・。
「ホロヴィッツ」から間もないし。

いろいろな意味で、もうちょっと違ったキャスティングで観てみたいなぁとか思ったり
しますが、とりあえずヨンウがまた新境地を開いてくれりゃそれでOKということで。
期待しております。

この映画の広報代行社であるラッピングボア側は
「ちょっと刺激的な内容だがロマンチックメロなので表現水位はあまり高くない」
と言いながら 「4人の俳優のさわやかな演技和音を期待してくれ」と注文した。


刺激的な内容を爽やかにみせようとする意図は・・・もしかして、若い夫婦側の
イメージを守るためとか?その辺を中途半端にすると一気に中身が薄いものに
なりそうな不安が・・・。
どうせやるなら、ヨンウには思いっきり刺激的で大胆な演技をみせてほしいなぁ。
ジョンファ姐さんは問題ないだろうし(笑)若者仮面夫婦にとってもターニングポイント
になるような作品を期待しています。
[PR]
by mario5846 | 2007-01-15 02:35 | ◆パク・ヨンウ/박용우
今年個人的に注目していきたい俳優
3~4日前からネームカードの写真が変わっているのですが、
鍵コメで「一体、そいつは誰だ?」というお問い合わせをいただきました(笑)

ちょうど同じ頃に某ブロガーさんのところでも、新しいご贔屓が出来たの出来ない
のでちょこっと盛り上がっておりました。
私としてはまだ完全に堕ちたという手応えが今ひとつ足りないような気がしていた
のですが、やっぱりかなり気になるぞこの人・・・
ということで新ご贔屓さんをお披露目したいと思います。

じゃじゃ~ん!
[PR]
by mario5846 | 2007-01-13 02:42 | ◆パク・ヨンウ/박용우
次はSF史劇?
チャン・ジン監督の新作「息子」の次なる作品として準備しているのが、
SF史劇「애일리 안첨지」
「エイリアン チョムジ」?でも애일리と안の間に空白があるから違うなぁ^^;
(どなたか教えてくださいませ)

そういえば、スンワン監督の「야차(夜叉)」もたしか史劇だったと思ったけれど、
韓国はほんとに史劇ブームなんですね。

といっても、この作品もかれこれ2003年頃からずっと今か今かと先延ばし
になっている作品のようで、当初の企画に変更がなければ「正しく生きよう」
同様に監督外注システムで、
監督は「ムッチマファミリー」の1編「教会のヌナ」のイ・ヒョンジョン監督に
なるのでしょうか。

朝鮮時代、君主に進上する稲を育てている田に宇宙船が落ちて
ミステリーサークルを作り・・・というはじまりのSF史劇なんだそうですが。

今私の頭の中ではちらっと「天軍」の映像が過ぎりましたぞ^^;
あっ、あれはタイムカプセルでしたけどね(笑)
チャン・ジン監督のSFって?史劇って??
e0011707_2233152.jpgしかも企画の魅力で予算を抑えた作品をつくりたいと言っているので、
豪華絢爛な史劇ではないようですね。やっぱり「天軍」みたいな(笑)
それにしても、そろそろあの方が主演で登場してくれないでしょうかね?
ほら、アンドロメダからやって来るエイリアンから地球を守ってくれるあの方(笑)

と、未確定情報ではありますが、楽しみに続報待ちたいと思います♪

そうそう、なあごさんのところでチャン・ジン監督の愛弟子はイケメン揃いって
ありましたが、イ・ヒョンジョン監督も悪くないでしょ?ちょっとワイルドだけど(笑)
e0011707_2135397.jpg
      左からパク・クァンヒョン監督 ラ・フィチャン監督 イ・ヒョンジョン監督
[PR]
by mario5846 | 2007-01-10 02:32 | ◆チャン・ジン/장진
お正月の日記・・・の・ようなもの
すっかりお正月気分も終わった今日この頃。
新年のご挨拶をアップした早々に嬉しくない寝正月と相成りまして、
ご近所さんへ新年のご挨拶に伺っていないところも多いかと思いますが、
どうぞ失礼をお許しくださいませ。

やっと昨日起き出しまして、早速厄払いを兼ねて
13年振りにばっさりショートカットなぞにして参りました。
思い切ったはいいけれど、
ちょっと切り過ぎたかなと後悔も(いやいや、思い切りが大事と言い聞かす)

今日は午後から近所の氷川神社へ初詣に。
三が日が終わったというのに結構な人混みでした。
毎年、露店で食べる焼きそばでお昼代わりにするのですが、
今年はちょっと変わったものを見かけました。
e0011707_1182586.jpg
「マルマルケバブ」・・・吊るされた肉の塊からスライスした肉と野菜にソースをかけたものをピタパンで挟んだサンドイッチのようなもので、「トルコ料理」と書いてあります。2軒あった「マルマルケバブ」のおやぢは確かにトルコ系っぽい外人さんでした(笑)帰ってきてから調べたら、あっちこっちに出現しているらしく、評判もなかなか良さそうです。露店もどんどん国際的になっていくんでしょうか。来年もあったら是非食べてみたいと思います。って、悩んだ割には写真だけ撮って結局焼きそば食べて来ました(笑)
参照:ミスタードネラー

それで、「おみくじ」の結果は・・・
[PR]
by mario5846 | 2007-01-06 01:45 | ◆その他