予習完了!@늘근도둑 이야기
e0011707_23122842.jpgちょっとご無沙汰してしまいました。
来月スキー合宿だというのに、チビがとんでもない場所を骨折してしまってなかなか治らなかったり、自分も来月のお楽しみに備えていろいろ忙しかったりで、なにかと落ち着かない毎日を送っておりました^^そんなこともあって、今年に入ってまだ劇場鑑賞作品が1本もありません。

楽しいアン・ネサン祭の合間に、待ちかねていた「華麗なる休暇」(2007年 キム・ジフン監督)を観ました。
これ、最初はソン・ビョンホとナ・ムニが出ているというこだけで無条件に観たかったのですが、思いかげず大ヒットとなり、またキム・ジフン監督が演劇熱戦2の「年老いた泥棒話(늘근도둑 이야기)」で舞台初演出をすることになったり、パク・チョルミン、パク・ウォンサン、ユ・ヒョングァンら舞台出演陣もこぞって出演しているため、ますます観たいと思っていたのでした。



私にとってこの作品のテーマである「光州事件」は、かなり苦い思い出とともにある事件で、当時「お隣の国はよく市民がデモを起こすよね。それをまた政府はいとも簡単に武力で制圧してしまうのね。平和な日本に生まれてよかったわ」ってくらいの認識でやり過ごしてしまったからです。まさに私こそが平和ボケしたおめでたい日本の若者だったわけです。とは言えこの事件の真相は未だ完全に解明されたわけではありません。

本作は「光州事件」を正面から本格的に描いた映画としては初めてだそうで、主に事件にのみ込まれていく光州市民に焦点を合わせて描かれています。ごく平和に暮らしていた一般市民が、遂には自らの意思で国家権力に立ち向かい制圧されるまでの壮絶な10日間のお話です。

e0011707_23355389.jpg政治的な側面を排除した分、テーマの抱える問題点が希薄になった点は否めませんが、逆に市民の憤りに感情移入しやすく光州事件を全く知らない人にとっても分かりやすく且つエンターテインメント作品となっていると思います。

キム・サンギョンやアン・ソンギといった主演陣もいいですが、脇もみんな味わい深い役者揃いです。キム・ジフン監督がヒョン(형)と呼んで敬愛するパク・チョルミンとパク・ウォンサンのふざけたコンビが紡ぎ出す空気がこの作品を重たいだけの社会派ドラマにせず、エンターテインメント作品たらしめた一番の要因でしょう。彼等こそがこの事件で死んでいった市民の象徴的な存在ではないでしょうか。そして又、神父(ソン・ジェホ)や高校教師(ソン・ビョンホ)までもが銃を手にせざるを得なかった最後に胸がつぶれる思いがしました。e0011707_23371619.jpgそのビョンさまですが、短いシーンながらグッとくる渋い演技に痺れます。教え子に対する愛情深い立派な死様でした。

イ・ジュンギは唯一違和感を感じるキャスティングでしたが、日本でもイ・ジュンギ大好きの角川映画配給で5月に公開が決まっているようですので(「光州5・18」)、やはり戦闘シーンはスクリーンで鑑賞したいので、これは是非観に行きたいと思っています。


【余談】
「全斗煥 退陣しろ!(전두환 물러가라)」とシュプレヒコールをあげているシーンを観ていてふと思いました。今では普通に「チョン・ドファン」と言いますが、私の記憶では「ぜんとかん」と日本語読みした最後の韓国人だったなぁ。「金日成」は「きんにっせい」、「金大中」は「きんだいちゅう」、「朴正煕」は「ぼく大統領」(笑)。
[PR]
by mario5846 | 2008-01-26 23:47 | ◆映画
<< しばし地下に潜ります 淫乱小説の読者は女性ばかり >>